レーシック費用比較!

レーシックの費用を安く抑える方法として、家族や友人からの紹介割引というものがあります。また全てではありませんがクリニックによってはHPで割引券を提供するというサービスがあります。割引券を印刷し、持っていきますとだいたい1万円引いてくれるというものです。

 

「割引サービス」を期間限定で行っているところもありますので、HPのチェックはこまめに行いましょう。

 

またレーシックを受けた者が紹介すると紹介料を、紹介された人も割引を受けられる「紹介サービス」もあります。一括支払いでは負担のある「レーシック手術」ですが、そんな費用負担を軽くする「ローンの金利無料サービス」を行っているクリニックもあります。

人の網膜に直接手術を施して視力を矯正することができるレーシックはすっかりお馴染みとなりましたが、日々医療技術が進む中で新たに開発された方法も様々あり、イントラレーシックやZレーシックなどの名前もよく聞かれるようになりました。

 

ちなみにイントラレーシックなら、品川近視クリニックで格安で受けることも可能です。もちろん軽度の近視に限りますが、一度品川近視クリニック 口コミをチェックしてみるといいかもしれません。

 

この双方は名前を見ただけではどのような術式でどういった違いがあるのかよく分かりませんが、それを知る上ではまずレーシック手術の歴史から紐解く必要があります。

レーシックを受ける際、クリニックによって費用が大きく違っているのですが、こんなに費用が違っているその理由と、どのようなクリニックを選べば良いのかのポイントについて説明したいと思います。

 

クリニックによって費用が違うのは、レーシックの施術に使われているレーザーの種類などが違っているためです。手術に使われるレーザー機器は、物凄く高額であるため費用も違ってきます。

 

レーシックの施術方法というのは1つだけではなく、角膜の状態等によって複数の種類の中から適切なものを選んでいくのですが、その中にはとても精度の高いものもあり、そういった機械を使っているクリニックではレーシックを受ける際の施術費用も高くなっています。

「レーシック」における、“失敗”(手術後に起こる疾病等の長期化)があります。最もよく言われるのが「ドライアイ」です。「ドライアイ」も、手術後3割くらいの方が訴えますが、多くは一定期間が過ぎると落ち着いていきます。

 

このように、「レーシック」手術後に「ドライアイ」が起き易い原因は、手術で一旦剥がした目の表面の膜(フラップ)を再構築するために、体が目の周囲の神経を一旦切断することで涙の量が減るためだと言われています。

 

そのため、これが原因となって起こる「ドライアイ」に関しては、この一時的な神経切断が終了し、目の表面の膜が再蒸着しさえすればおさまってくるものと考えられます。